知識/スキル

大学生におすすめしたい!スキルが身につくバイト4選【最新版】

大学生のバイト選びって結構大切ですよね!

この記事は「大学生になったけど何のバイトをすればいいか分からない」という人から「どうせなら将来役に立つバイトがしたい」といった人向けの記事です。

結論から言うと、おすすめの業種は次の4つです!

  1. 営業
  2. ホールスタッフ・バーテンダー
  3. 英会話スクールの講師
  4. プログラミングスクールの講師

ちなみに、この4つは優秀なOB/OGの意見をもとに選んだので、信憑性は高いと思います。

それでは早速見ていきましょう!

営業

これはIBMに勤めている知り合いの意見を参考にしました。

営業のバイトを通じて、大学時代に営業の基礎を学べたのはとてもいい経験になったとのことです。

たしかに、営業はすべての職業で活かされるであろうコミュニケーションスキルや数字に対するこだわりが身につきますもんね。

私も製薬会社で4年以上営業をしていますが、相手の話を引き出してニーズを把握するスキルや、相手の顔色を見ながら切り出す話題を柔軟に変えていくようなスキルは、どこにいっても役立つと思うので、最初に営業を経験しておいて良かったなと思っています。

ちなみに、IBMに入社した知り合いは読売新聞社でのバイト経験を就活の面接で話したら、かなり評価が良かったみたいですよ。

IBMの社員から学ぶ、大学生がやるべきことこの記事は「IBMに入社する人って、大学生活や就職活動でどんなことをやっていたんだろう?」という疑問を持っている人向けの記事です。 ...

ホールスタッフ・バーテンダー

これは三井物産に入社した知り合いの意見を参考にしました。

彼はカフェでホールスタッフのバイトをしていたのですが、接客業を通じて、コミュケーションスキルが向上したとのことです。

また、カフェなどのバイトは同年代の大学生も多いので、違う大学の人とも知り合いたいという人には適しているかもしれません

ちなみに、都内で飲食店のバイトを探したいという人には「ペコリッチ」というサイトがおすすめです。

お店によっては「タダ飯クーポン」をもらえたり、友達紹介やSNS投稿で5,000円のボーナスをゲットできたりするので、都内で飲食店のバイトを探したいという人はぜひ見てみてください!

三井物産の社員から学ぶ、大学生がやるべきことこの記事は「三井物産に入社する人って、大学生活や就職活動でどんなことをやっていたんだろう?」という疑問を持っている人向けの記事です。 ...

英会話スクールの講師

これは農林中央金庫に入社した知り合いの意見を参考にしました。

彼は英語が苦手だったのですが、英語を話せるようになりたいということで、英会話スクールの講師を始めたそうです。

期間は2年ぐらいでしたが、講師のバイトを通じて、日常会話レベルの英語力が身につき、TOEICスコアも600点から800点ぐらいまで上がったみたいです。

お金をもらいながら、英語力が向上するバイトなんて最高ですよね。

ちなみに、石原さとみさんとの熱愛報道で有名になった「SHOWROOM」の前田社長もNOVAで働きながら使える英語を習得していったそうです。

ということで、英会話スクールの講師は英語力を向上させたいという意識の高い大学生にはとてもおすすめです!

カフェで仕事する前田氏に密着すると、海外からの電話が。流暢な英語で会話する前田氏だが、事業の海外展開について意見交換をしていたという。

ここで、まったく英語が理解できないスタッフは「どこで勉強したんですか? 留学とか?」と聞く。前田氏は「いやいや、日本のNOVAで先生になって(勉強した)」と返答。

続けて「まずは受付の担当になって、それをやりながらお客さんの英検とかTOEICを指導する係になった。やり始めたら、英語がうまくなきゃいけないじゃないですか。だから頑張って勉強する」と説明した。

前田氏がNOVAで働き始めたのは大学生のとき。留学したかったが、お金がない。それで、駅前留学できると知ってNOVAに行くことにしたという。

「なるほどと思って行ったんですけど、レッスン料がすごい高かったんです。大学の学費でいっぱいいっぱいで、だめだこれはと。どうしようかなってときに『逆に先生になっちゃえばいいんじゃないの』って思った。そうしたら勉強せざるを得なくなるし」

前田氏は思いついたまま独学で勉強を開始。休憩時間には、外国人講師たちに積極的に話しかけ、生きた英語を習得していったという。

プログラミングスクールの講師

これは商船三井に勤めている知り合いの意見を参考にしました。

彼はプログラミングスクールでバイトをしていた訳ではないのですが、大学時代に後悔していることについて尋ねた時に、「プログラミングを勉強しておけば良かった」と答えていました。

この意見には私も大賛成です。

終身雇用が崩壊して、これからは自分一人でも稼げる力が必要になってきます。

だからこそ、大学時代にプログラミングスクールの講師を通じて、プログラミングの経験を積んでおくことは、きっと将来の大きな財産になると思いますよ。

もし、プログラミングについてもっと詳しく知りたいという人は、株式会社divという会社の無料オンライン説明会を見てみてください。

無料ですが、この動画さえ見ればプログラミングの全体像が分かると思いますよ!

参加者限定特典あり。
TECH::CAMPオンライン説明会

【無料オンライン説明会の視聴方法】

 

商船三井の社員から学ぶ、大学生がやるべきことこの記事は「商船三井に入社する人って、大学生活や就職活動でどんなことをやっていたんだろう?」という疑問を持っている人向けの記事です。 ...

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は大学生におすすめのバイトを4つ紹介しました。

どのバイトにも共通していることは、「お金をもらいながら、将来役に立つ知識やスキルが身につく」という点です。

もっと給料が高いバイトは他にあるかもしれませんが、大学生活の貴重な時間を使うなら、自分の将来にとってプラスになるバイトをした方がいいと個人的には思います。

最後に、おすすめのバイト求人サイトも紹介しておきます。

マッハバイト
  • 210,000件以上の仕事情報を掲載
  • 採用されたら最短で翌日に最大1万円のお祝い金がもらえる

タウンワーク

  • 大学生に特化したバイト情報を掲載
  • バイト状況のアンケート調査や面接のコツなども紹介されている

マイナビバイト

  • 大学生歓迎バイト特集を掲載
  • バイトの体験談なども紹介されている

個人的には、採用されたら翌日にお祝い金がもらえる「マッハバイト」がおすすめです。

大学生特集などはありませんが、すぐにバイトを決めたいという人や、すぐにお金がほしいという人には適していると思いますよ!

 

それでは、皆さんにぴったりのバイトが見つかることを心から願っています!