大学生活

外資系IT企業社員が勧める言語翻訳アプリ!「DeepL翻訳」

「資料が英語でちゃんと理解できない、、、英語で論文を書かなければいけないのに翻訳アプリにかけても全然意味が分からない、、、」ということって結構ありますよね?

私自身も中途で入社した企業の研修が全て英語だったり、MBAの資料が全部英語だったりと、苦労した経験があります。

 

ですが、今回紹介する「DeepL」という言語翻訳アプリを知ってから、そういった悩みはほぼなくなりました。

この「DeepL」にはテキストを深く理解し翻訳できる人工知能が搭載されており、全11ヶ国語に対応しています。

 

そして、その最大の特徴は何と言っても「翻訳精度の高さ」です!

以下は実際にビジネスで「DeepL」を活用している企業のコメントです。

Google、Microsoft、Facebookといった技術系最大手が機械学習で得た経験を翻訳に活かそうと軒並み努力を続ける中、DeepLという小さな企業がこれら大手をすべて押しのけ、機械翻訳の業界基準を引き上げた。

試しにDeepL翻訳を使ってみたが、翻訳スピードは他社の翻訳ツールに遜色なく、精度とニュアンスは他に勝るほどだった。

TechCrunchアメリカ合衆国

GoogleやMicrosoftでも英語を元言語としてかなり上手く翻訳できるが、DeepLではさらに上手い訳が出てくる。

フランスの日刊紙から抜粋したレポートを翻訳してみたところ、DeepLの訳は文句のつけどころがなかった。

Golem.deドイツ

〜ドイツ企業のDeepL、Google翻訳を超える〜

WIREDスタッフが試してみたところ、DeepLは大手の競合他社に劣るどころか、むしろ勝る場合が確かに多かった。

Google翻訳では意味不明な言葉の羅列になっていたものが、DeepLでは少なくとも前後のつながりを考慮できていて、往々にしてすんなりと読める翻訳になっていた。

WIRED.deドイツ

 

私もこれまではGoogleやMicrosoftのアプリケーションを使用していましたが、明らかに「DeepL」の方が精度が高いので、今ではこのアプリしか使っていません。

一度に5,000文字までしか翻訳できないという欠点はありますが、完全無料で利用できるので本当におすすめです。

有用な言語翻訳アプリを探している人はぜひ試してみてください!

それではまた!